2020年 日独経済シンポジウム 

 

2020年5月16日(土)に予定されていたデュッセルドルフ・NRW日本デー・市民文化交流祭と、5月18日(月)に予定されていた日独経済シンポジウムは、現在の新型コロナウィルス感染拡大にかんがみ、中止となりました。

次回の日本デー・市民文化交流祭は2021年5月29日(土)、日独経済シンポジウムは2021年5月31日(月)に開催されます。

 

運輸・ロジスティック4.0 ~ 求められる気候変動対策

2020年5月18日(月) 13:30 ~19:00

Hotel InterContinental Düsseldorf

運輸・ロジスティク業界は、増加傾向にある個人消費及びますます短縮化される運送時間の中で、大きなチャレンジと変革の時期を迎えています。インターネット取引の拡大、進展する経済のグローバル化、そしてバリュ―チェーンの国際化は、気候変動対策をも考慮して、革新的で長期的に効率の高い運輸モデルやロジスティックシステムを必要としています。そのような背景のもと、サステイナブルな運輸及びロジスティック4.0をどう定義付けるのか、どういった解決方法があるのか、デジタル化が問題解決にどうのような貢献ができるのか。

2020年の日独経済シンポジウムは、「運輸・ロジスティック4.0 ~ 求められる気候変動対策」をテーマに、5月18日(月)ホテルインターコンチネンタル デュッセルドルフにて開催されます。

ノルトライン=ヴェストファーレン州は、多くの企業が立地し、ヨーロッパの中心に位置していることから、数年来ドイツ国内に於けるロジスティック企業の主要進出地となっています。デュッセルドルフ市においても、多数の商工業企業が所在する上、空港や港湾等の物流インフラが整っているため、運輸及びロジスティックが中心的役割を果たしています。ノルトライン=ヴェストファーレン州、デュッセルドルフ市及び日本の大手企業と、強固な中小企業は伝統的な強みとイノベーションの力を上手く結びつけることができることを示してきました。彼らはインテリジェントな応用技術の開発を業種横断的に推進する力を持っています。

ノルトライン=ヴェストファーレン州と州都デュッセルドルフ市は600社以上の日系企業を擁し、ドイツ及びヨーロッパ大陸最大の日本経済拠点となっています。NRW州、デュッセルドルフ市、当地日本⼈社会の三者は、2002年より毎年、日独経済についての今日的テーマを取り扱った「日独経済シンポジウム」を開催しています。

 

 

2019年日独経済シンポジウムの様子は「写真」にてご覧いただけます。


主催

• デュッセルドルフ/NRW日本デー協会
• ノルトライン・ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー業省
• ノルトライン・ヴェストファーレン州経済振興公社
• 州都デュッセルドルフ市
• デュッセルドルフ日本商工会議所

協力

• デュッセルドルフ商工会議所(IHK Düsseldorf)
• 日本貿易振興機構(JETRO)
• 日独産業協会(DJW)


協賛企業

ゴールド スポンサー2020年
ANA All Nippon Airways Co. Ltd.
Fujitsu TDS GmbH
Mitsubishi Electric Europe B.V.
シルバー スポンサー2020年
Asahi Kasei Europe GmbH
Canon Deutschland GmbH
Fraunhofer  Institut for Applied Information Technology
MUFG Bank (Europe) N.V. 
ブロンズ スポンサー2020年
COFACE GLOBAL SOLUTIONS
NIPPON STEEL EUROPE GmbH