2019年 日独経済 '    '               シンポジウム 

過去のイベント

過去のイベント

2019年 日独経済シンポジウム  

2019年日独経済シンポジウムは「AI(人工知能)とイメージングテクノロジー 産業のデジタル化における決定的要素」をテーマに2019527日、ホテル・インターコンチネンタル・デュッセルドルフにて開催されました。

プログラム 
 2019年 日独経済シンポジウム
 

Container

AI(人口知能)は近い将来、あらゆる業種の企業に根本的に変えようとしており、今日ではまだ予見出来ない新たな展望と応用への扉が開かれようとしています。特にイメージングテクノロジーで使われるスマートアルゴリズムは、産業のオートメーション化、試験・計測技術、食品業界、交通・運輸(例:自動運転車)、セキュリティー技術或いは医療技術等の分野において全く新たな可能性をもたらします。その一方、デジタル化及びAIが日独経済及び社会全体に対し大きな課題を投げかけるであろうということは、今日すでに確かです。
 

2019年の日独経済シンポジウムは350名の参加者のもと、ノルトライン=ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省次官クリストフ・ダンマーマン、在デュッセルドルフ日本国総領事礒正人、デュッセルドルフ市長トーマス・ガイゼル、在デュッセルドルフ日本商工会議所会頭奥村彰規の挨拶をもって開会しました。
 

日独両国の基調講演として、ドイツ側はフラウンホーファーインテリジェント分析・情報システム研究所副所長Dr.ディルク・ヘッカーが「実用的で信頼に足るメイドインNRWのAI」、日本側は東京工業大学副学長梶原将が「東京工業大学が切り開くVR、IoT、AIの研究最前線」について発表しました。

続いて、各社の実践例として紹介された7つのケーススタディは下記のとおりです。


► aiso-lab GmbH社長 イェルク・ビーネルト
  「ビジュアルインスペクションのためのAI」

► Dr.アン・クリスティン・ニーホッフ
  「百聞は一見に如かず:イメージングにおけるシナジー効果」

► Komatsu開発本部自動化開発室室長 鈴木一之
  「最先端の建設現場−デジタル変換とジリスカ建機」

► NEC Deutschland GmbH 独・オーストリア・スイス/ベネルクス担当営業部長     
    ラース・ディステルラート
    NEC’s Image Recognition Technology - Use Cases for Industry

►Hans TURCK GmbH & Co. KG SEA営業部長 マティアス・テゥルク
 「センサー及びコミュニケーションのためのIoTとAI」

► IOX GmbH CEO & ファウンダー ローバト・イェーニシュ
   「データ融合。如何にしてIoTとAIシステムを結びつけてなビジネスバリューを創造するか」

► NYRIS GmbHファウンダー&CEO Dr.アンナ・ルカッソン・ヘルツィク
   「如何にしてコンピューターに「見る」ことを教えるか」

続いてパネルディスカッションが行われ、aiso-lab GmbH 社長兼連邦人口知能連合会会長 イェルグ・ビーネルト氏による司会のもと、ケーススタディ発表者の6名が本課題について活発な意見交換をした他、将来に向けて多彩な日独協力の可能性を探りました。

主催
• デュッセルドルフ/NRW日本デー協会
• ノルトライン・ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー業省
• ノルトライン・ヴェストファーレン州経済振興公社
• 州都デュッセルドルフ市
• デュッセルドルフ日本商工会議所

協力
• デュッセルドルフ商工会議所(IHK Düsseldorf)
• 日本貿易振興機構(JETRO)
• 日独産業協会(DJW)

協賛企業
ゴールド スポンサー2019年
ANA All Nippon Airways Co. Ltd., Fujitsu TDS GmbH, Mitsubishi Electric Europe B.V.
シルバー スポンサー2019年
Canon Deutschland GmbH, Colt Technology Services GmbH, Docomo Europe Ltd., Hitachi Europe GmbH, John Doe Capital GmbH, Kompetenznetzwerk Umweltwirtschaft.NRW, Mecklenburg+Hoffmann GmbH, MUFG-Bank (Europe) N.V.
ブロンズ スポンサー2019年
Fieldfisher LLP, Nippon Steel Corporation

Weiterführende Inhalte